夢を忘れないように書き留めておく

占いにはタロットや手相など色々な種類がありますが、夢占いは自分で夢を覚えていなければなりません。
他の方法は占い師の先生に見て貰えば良いのですが、夢占いに関しては自分で見た夢を覚えておかなければ他の人には分からないのです。

夢を書き留めておく

普段から見た夢を書いておく人もいますが、あまり一般的ではないようです。
ですから夢から自分の状況を知ろうと思っても、見た夢を覚えていないので運勢を調べようと思っても出来ないのです。
夢占いの本などもありますが、見た夢を覚えていなければ判断のしようがありません。
最初は覚えていられると思っても、占い師の先生の所に行くまでに忘れてしまう事もあるのです。
夢は一度忘れてしまうと簡単に思い出せない場合も多いので、起きたときに書き留めておくことも大切になるのです。


夢には自分の状況が出やすい

夢占いに関しては自分の体調が悪くなっているときには、それが表れる事もあります。
運勢を知るのとは少し違った部分もありますが、それだけ他の方法よりも自分の状況を知るには便利な方法なのです。
疲れているのに気が付いていない部分を教えてくれる事もあるので、夢を覚えておくことは大切な事でもあるのです。
金運が良くなるような夢などもありますが、夢を覚えておくとそういった運気が上昇している時期を知る事も出来るのです。
普段は夢を忘れてしまうような人も、たまには見た夢を書いたりして覚えておくと占いで役立つことがあるかもしれません。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP